驚きと新発見!懐かしきあの時代の流行ファッションをチェックしよう

>

80年代に流行した髪型やメイクとは

80年代の様々な髪型

80年代前半の女性の髪型はアイドルの髪型を意識したものが流行でした。
この頃のアイドルの髪型とは主に、前髪は眉毛ほどの長さで頭の横は後ろ方向に流し後ろ髪は内側にゆるいカールをつけたものでした。
80年代後半になると、ストレートヘアに前髪をワンレングスかトサカ前髪にした髪型かソバージュというパーマをかけた髪型が流行しました。
ポニーテールもこの頃は人気の髪型だったそうです。

80年代の男性の間でもアイドルを意識した髪型が流行していました、前髪の一部分を長くし不揃いに整えたヘアスタイルです。
この頃にテクノカットやリーゼント、ツーブロックヘアも男性の間では人気を博し流行していました。
リーゼントは当時ボリュームがあればある程かっこいい髪型だとされており、ツーブロックヘアはサラサラヘアが好まれていました。

80年代に流行したメイク

80年代後半はディスコが流行し、女性も鮮やかで華やかな洋服を着用する人が増えた影響でメイクも同じように鮮やかで華やかなものに変化しました。
この頃の華やかなメイクは当時ジュリアナメイクと呼称されており、現在ではバブル風メイクと名前を変え若者を中心に再度注目を集めているようです。

ジュリアナメイクの特徴は目元や唇の色を目立たせる為にオークル系のファンデーションを使用しており、眉毛は形を整えた太眉でした。
目元は鮮やかな色で飾ることが人気で、唇は真っ赤な口紅を塗っていました。
太眉や真っ赤な口紅は一時期人気に火がつき再流行したので、太眉に挑戦してみたり口紅を持っている人もいるのではないでしょうか?

ジュリアナメイクは一見すると鮮やかで派手な印象ですが、他人の目を気にしないで自分らしいメイクを貫き楽しむ女性のメイクでした。