驚きと新発見!懐かしきあの時代の流行ファッションをチェックしよう

>

80年代と現代の流行の相違とは

流行ファッションの相違

80年代に渋カジが若者に流行し、アメリカンカジュアルな服装を着用する人々が増えた影響でスタジアムジャンパーが流行しました。
スタジャンと略称で呼ばれるそれは、現在の若者のスタイルにも取り入れられ今なお根強い人気があるファッションです。
現在ではスタジャンではなくブルゾンとも呼ばれており、男性だけではなく女性からも支持を得ている影響か80年代に流行したスタジャンよりも細身のデザインになっているそうです。

80年代後半には戦闘機パイロットを主人公にした映画が上映された影響で、フライトジャケットが大流行しました。
主に男性向けのファッションアイテムとして長らく着用されてきましたが、現在では女性向けにも生産されており男性女性共に人気です。
80年代に流行した時には、ブラックが人気色でした。

現在に受け継がれるファッション

80年代には女性向けのフェミニンファッションが流行しました。
リボンやフリルなどをふんだんにあしらった女性らしい洋服のことで、80年代にフェミニンファッションを取り扱ったブランドが女性の間で人気でした。
現在のロリータファッションや森ガールの先駆けとも言われています。

さらに、80年代後半にはケミカルウォッシュデニムが流行しました。
ケミカルウォッシュとは色落ちさせたデニムに漂白剤を用いて斑模様を作り使いこんだ風味をだしたデニムのことで、80年代当時はアキバ系と呼ばれる服装を好む人々に人気のファッションでした。
80年代のバブルが崩壊すると共に一度人気が下火になりましたが、現在の若者達の間で再び人気がでてきているようです。