驚きと新発見!懐かしきあの時代の流行ファッションをチェックしよう

>

80年代の日本とはどんな時代?

80年代の流行ファッション

80年代前半に原宿の歩行者天国で踊りを踊る若者の集団、竹の子族が着用していたハーレムスーツが注目を集めていました。
ハーレムスーツとは原色生地をベースにデザインした派手で奇抜な服装で、当時衣装を扱ったお店では年間に10万着も売れていたそうです。
竹の子族には複数チームがあり、そのチームごとに自分達でデザインを考えて衣装を自作したりもしていました。

80年代後半には渋カジと呼称される服装をした若者たちが注目を集めました。
渋カジとは渋谷カジュアルの略称で、アメリカンカジュアルな服装をした若者の集団が渋谷に現れたことが始まりです。
いつしか、高校生の間で噂が広まっていき若者の間で流行が起こりました。
後に渋カジに紺のブレザーをあわせた着こなしが流行し、紺のブレザーのことを紺ブレ、渋カジと紺ブレをあわせた着こなしをキレカジと呼称しました。

一世風靡した80年代ファッション

80年代前半から中頃まで、日本に大流行を巻き起こしたDCブランド。
DCブランドとはデザイナーズ&キャラクターズブランドの略称であり、全盛期には渋谷や原宿に集まる若者のなかに必ずDCブランドのロゴが入ったスタジアムジャンパーを着た人がいたようです。
また、ブランドのお店が入っていたファッションビルのセール時にはセール前日から人々が行列を作る程の人気でした。

80年代中頃からは男性の間でズートスーツが流行しました。
ズートスーツとは型が大きめに作られている為だぼついており、上着は膝に届きそうな程長くズボンは裾を絞ったようになっているスーツのことです。
ドラマで俳優やミュージシャンが着用していたことから流行しましたが、当時はズートスーツの供給が追いつかず自分でお直しするなど工夫して着用していたようです。